らくだ山通信

~南阿蘇ビジターセンターのNatureコラム~

♦季節の鳥情報♦

ヒレンジャク(緋連雀)について

・スズメ目レンジャク科

・大きさ およそ18cm

<特徴>

・尻尾の先が赤く、頭部の冠が特徴です。

・冬鳥としてロシアや中国北部から渡来してきます。

・年によって渡りにムラがあり、ほとんど渡来しないこともあるんです。

(南阿蘇ビジターセンターでは全く確認できなかった年もありました。)

<豆知識>

・ヒレンジャクによく似たキレンジャク(尻尾の先が黄色い)と言う鳥がいるのですが、一般的にはキレンジャクが本州に、ヒレンジャクは九州に渡ってきます。

・ヒレンジャクの大好物はヤドリギの実で、その実を食べて糞(白っぽく粘り気の強い長~い糞)をするので、糞に含まれたヤドリギの種が木についてヤドリギが増えていきます。

<阿蘇野草園での観察状況>

・一昨年の冬⇒12月~3月まで確認できました。

・昨年の冬⇒1羽も確認できませんでした。

・今回の冬⇒12月末に2羽確認。1月6日(月)に20羽以上確認できました。

  

ヒレンジャク(阿蘇野草園にて/阿蘇パークボランティア 増田泰夫氏撮影)

キレンジャク(ネットから引用)

コメントは受け付けていません。